2012年03月09日

利用しながら残す、雁木タクシー

雁木-47.jpg

現在、市内に残る雁木は新旧含めて400あまり。
これら の雁木を再び船着場として活用するのが
雁木タクシー(川の 水上タクシー)です。

私たちは雁木の「形」を遺産として残すのではなく、
本来の用途で活用することにより、
先人の知恵、技術、工夫を含め「使い方」を後世に残し、
人と川との親しい関係を築 いていきたいと考えています。

雁木タクシーの運航案内のページ

この事業は、海上運送法第二十条第二項にもとづく
不定期航路事業として実施しています。
同法第十九条の六の二により定めた運送約款に
もとづいて運送させていただきます。
【歴史的雁木の調査・保存活動の最新記事】
posted by 雁木組 at 13:33| Comment(0) | 歴史的雁木の調査・保存活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。