2008年05月14日

5月のサギ島

0000000204_1.jpg

中洲は繁殖期をむかえ、ヒナの声が聞こえてきます。
野鳥の会の皆さんと、そおっと近づいてみました。

泣き声が変わったら、それは近づきすぎです。
写真は、つがいのアオサギがカラスからヒナを守っているところです。

油断していると、あっという間にヒナが連れ去られてしまいます。
中洲の高いところ(陽のあたるところ)は、強い鳥の家族が、
下に行くほど弱い鳥の家族だそうです。
この家族は、相当に力があるのでしょう。
一等地です。そのかわり、リスクも高いのだとか。

ついこの間までカワウで真っ黒だったこの中洲、
あの鳥たちはどこに行ってしまったのでしょう。

広島東部に繁殖地があるのよ、と、野鳥の会の方が教えてくださいました。

(場所:本川 中流)
【水辺の生きもの・植物の最新記事】
posted by 雁木組 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 水辺の生きもの・植物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54209543
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック